浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。
浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。
パートナーの日々の行動を追跡したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を確定させるのです。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。
当然のことですが、調査員が1人であれば安く、増えるほど高くなります。
また、尾行する際に移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認が大切です。運転する人の目につかないところにGPS端末を設置して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動を確認することができます。あまり、車を運転しない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。こうすることによって、パートナーの行き先や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。
尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、費用が少なく済みます。
ですので、尾行を探偵にお願いするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。
そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いにとってメリットのある依頼になります。
たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかむことが可能です。
浮気相手への連絡手段として携帯を使うのが当たり前だからです。今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。
ですから、空き時間に電話することはもちろん考えられます。