スマホの画面割れ

”ゲオは7月27日、関西大学大学院会計研究科 教授の宮本勝浩氏の協力のもと、スマートフォンの画面割れによって生じる経済損失を試算したと発表した。経済損失額は、総額1382億1250万円になるという”

とのことです。

”ゲオでは、画面を割ってしまうことで、破損前と比較して大幅に価値・買取価格が下落し、本来世の中に生まれるはずだったお金が失われてしまうと説明。スマートフォンを大切に扱うことの重要性の訴求や、中古スマートフォン市場の活性化を目的に、「スマートフォンの画面割れがもたらす経済損失」を試算したという。”

ということで、なるほど、そういう意味かと。

でも、その分修理や新規に流れるわけで、市場全体としてはそうでもない気もしますが…。

たしかに、中古市場にとってはマイナスでしょうね。

なかなかおもしろい分析です。

そういえば、自分の携帯もそろそろ買い替えどきかな。
今のキャリヤを解約して新しく書い直そうか…。

続きはこちら⇒ディノベートの解約

不倫した二人に慰謝料を要求しようとするのなら、

不倫した二人に慰謝料を要求しようとするのなら、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、ムカつくでしょうが、不倫が継続した証明を見せられなければなりません。
その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を捉えてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を準備して貰えるのです。GPS端末を使い、良く通っている地域の情報を得て、張り込んでいると、いつかは来るはずですから、その実態を把握することは可能です。
費用のご準備が十分ではないときには、GPSで調べるだけでも、方法の一つです。
位置がわかる機械が仕込まれていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。
もちろん、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。また、尾行する際に移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認がいります。本人が知らないうちに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。
浮気の現場をカメラにおさめても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。
探偵なら浮気調査をする場合、超小型のカメラを用意するなどして全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。実際に探偵に頼むことで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。相手が浮気をしているのではないかと思った場合、とにかく自分で証拠を集めようとします。
ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を入手しようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性が高いです。
その原因ははっきりしており、相手があなたの顔を知っているからです。