あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者

あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。
ただし、配偶者が不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判官の決定を待つことになります。
GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して調べたりします。
移動手段に、車を使わない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。
不倫行為が確実ではない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
もしも浮気が確かなこととなれば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。
主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、不倫相手の正体を確定させるのです。探偵の特徴としては、怪しむ人のないように充分すぎる注意を払って目立たないように調査を進めるのに対して、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、まず身分を明かしておいて公然と調査を行うことが多いです。探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、対象についての情報収集は興信所が上手いと結論できそうです。パートナーの浮気リサーチを探偵に依頼する際には、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを契約を交わす前に取り決めます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査が長期になれば支払う費用も高くなるのです。探偵事務所によっても、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、口コミなども調査した方が良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です