法律的に、結婚している男女がパートナー以外の

法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から性的関係になることを不貞と定めています。すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。
男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。
浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3〜4日間です。
確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。
パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあると思っていてください。
一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査の前に分かっていれば、調査期間は1日で済むこともあります。
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚しないままの方が良いこともあります。
特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう日頃、相手の行動の様子を目を配っておくのはだれにも頼まずにできることですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるのには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が間違いありません。
そして、探偵に頼むという事は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。
探偵の特徴としては、誰かに不審に思われないよう充分に用心しながら根気よく調べていきますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると言っていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です