不貞の慰謝料は200万円前後が

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は少なくなります。
さらに、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には必要なのは証拠です。
どの人からみても明らかな不倫の証拠が不可欠です。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談するようにしましょう。
それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。
相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂のタネになりたくないなら、相談しないようにしましょう。
浮気現場の日時がわかっていると、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。そうはいっても、浮気をしているときがわかっていたとしても、友達に何とかきいてもらって、証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、ほとんど駄目でしょう。
ひそかに証拠を握りたいときにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。