浮気調査で肝要なのは、浮気が実際に行われ

浮気調査で肝要なのは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。
確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。不倫相手の存在が確かになれば次は不倫相手を調査となります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。
運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、今いる場所をモニターしたり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができます。
普段、運転しないような人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。これで相手がどこをどう移動して、そこで過ごした時間もわかるでしょう。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。また、不倫の相手が不倫を認めない時には証拠が必要とされます。第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。